July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

妊婦さん、3〜6ヶ月までの赤ちゃんを大募集☆

 まずは、公民館講座のお知らせ!

『フレッシュパパとママのための「子育て応援講座」』 開講5回

5/1の市報に挟み込んであった、公民館前期講座のご案内に掲載されていますので、見かけたかたもいらっしゃるでしょうか?

1回目は、こどもの心についてのお話、2回めは絵本のお話、3回目は子どもの病気のお話食事について、4回目は親子あそび脳のお話、5回目はベビーマッサージを予定しています!

そしてなんと、ここだけの話!?、1〜4回の講座の終了時間にもよりますが、最後に毎回ちょこっとずつ赤ちゃんにふれて遊べるわらべうたや手遊びを紹介して、赤ちゃんにもご機嫌になって帰ってもらおうと計画中です。

この最後の部分と、5回目のベビーマッサージをナガオサが担当しますので、お楽しみに

6/12から始まるこちらの講座は、内容が盛りだくさんで、1,500円とリーズナボー!!!
(赤ちゃんと両親の場合は3,000円)

申込・お問い合わせは、
谷田部公民館029-636-0139
〒305-0861 つくば市谷田部4774-18

申込方法は、郵送か直接窓口へ、5月17日17:15まで☆
お急ぎくださーい
↑5組参加中!後日ボンレポのほうで内容などご紹介しますね!
途中からでも参加できるそうなので、興味のある方はお問い合わせください。



次は、妊婦さんへお知らせ☆
『森のマタニティーサロン』 in牛久自然観察の森

昨年もありましたが、今年は5月30日(日)開催です。

緑の豊かな自然観察の森を約30分ほど歩き、葉っぱを使ってエコバックにプリントして持ち帰ることが出来ます!

私も妊婦さんが安心して歩けるように、一緒に歩きます。
森の中は本当に気持ちがいいですよ
運が良ければ、巣立ったばかりのふくろうの赤ちゃんが見られるかも!

あと、今回は少し時間を頂いて、お腹の赤ちゃんと仲良くなるマッサージや、生まれてすぐから楽しめるわらべうたを紹介できることになりました。

赤ちゃんはお母さんやお父さんの声をよく聞いていますよ〜!
気持ちいいお腹の中で聞いていたお歌は、生まれてからも赤ちゃんを気持ちよくさせる効果が!?
お楽しみに!

申込・お問い合わせは、
牛久自然観察の森 担当まるやま 029-874-6600
〒300-1212 牛久市結束町489-1
↑9組の参加がありました!後日ボンレポのほうで内容などご紹介しますね!

つくば市 マタニティサロンのご紹介☆

 年4回ほど、つくば市のマタニティサロンを担当することになり、
先日のサロンでは15人の妊婦さんのさまざまな質問にお答えしてきました^^


マタニティサロンの流れは、
1.受付
2.オリエン〜自己紹介(名前、お住まいの地区、出産予定日、出産する病院、今気になっていることや感じていることなどを簡単に発表します)
3.サロン〜妊娠中のこと、お産のこと、育児のことに分けてポストイットに記入し、それに対して、助産師や栄養士がお答えしていきます
4.調理実習・昼食・・・・・おいしい昼食を食べながらおしゃべり♪
5.子連れ先輩ママとの交流会
となっています。


一番多かったのが『腰痛』!!
お尻の痛みや、足のつけ根の痛みも一緒にある方も多く、
ほとんど全員の妊婦さんが訴えているのです!

妊娠中から産後の骨盤ケアはとっても大切です。

妊娠中は腰痛を緩和するだけでなく、赤ちゃんを正しい位置にキープできるので、赤ちゃんがすくすく育つ、早産を予防できる、腰痛などの不快症状がなくなるので妊婦生活が快適に!

産後は緩んだ骨盤を戻す時期・・・ここでしっかり骨盤ケアをしてしめておくと、腰痛予防になるだけでなく、O脚が治ったり、緩んだ骨盤内にぜい肉がつくのを予防できるため、お尻が大きくなるのを防げます!体が動かしやすいので、育児生活も快適に!などなど、イイコト尽くめ


時間が限られているため、骨盤高位の方法と、さらしを使った巻き方をざっと紹介するだけになってしまい、詳しくは、受診されている病院の助産師に相談して下さい〜となってしまったのが気がかりです
・・・次回は、参加された方が自分で出来るように、何か資料を用意していこうと思います!


ではでは、サロンで出会ったすべての妊婦さんとお腹の赤ちゃんが楽しい妊娠生活を送り、めっちゃ安産で、生まれたあともすくすく元気に育ちますように〜


ベビマサークルでは妊婦さんも大歓迎ですので、よかったら遊びに来てくださいね〜

赤ちゃんとママの相談室☆With Babyのお知らせ

実は、今年の5月に出張専門の助産師として開業届を保健所に提出しましたので、
みなさんにお知らせです

子どもが小さくてまだまだ本格的に活動できないのにどうして!?
と思うのですが、ことの始まりは一本の電話からでした・・・

5月のある夜のこと、夕食を済ませ寝る用意をしていた我が家に
一本の電話がかかってきました。

こんな時間に誰かな〜?実家からかな?
と思い、電話に出てみると、助産師会の茨城支部長からでした。

いきなりの電話に驚いていると、支部長がさらにいきなり、
「あなたが開業届を出していないのはどうしてなの?」と聞いてきました。

どうしてと言われても、開業届はお産を扱っている助産院の助産師が提出するものというイメージがあり、新生児訪問や助産師外来で働いている私には敷居が高く感じられていました。

でもいろいろお話していくうちに、
新生児訪問や助産師外来以外でも、地域の妊産婦が参加するイベントに助産師として相談役を頼まれることがあったり、助産師会の電話相談に協力していたり・・・
今はお産を扱っていないのですが、地域の助産師として、赤ちゃんやお母さんのために活動していることにかわりないと思い直しました。

子育て中でいろいろ悩んだり迷ったりしながらで、自信もなかったのですが、
「だからこそ子育て中のママの立場になって考えられることもある」と、
ある先輩からも言われ勇気が出ました。

まずは自分の子どもを愛し慈しみ育てられることの幸せ。
そして、赤ちゃんとお母さんのために働けるのは幸せだ。
赤ちゃんが大好きな私・・・これからも赤ちゃんとお母さんのために活動していこう!
と、決心したのでした


自宅を使ってすぐに開業できなくても、出張専門ということで開業し保険に入れることもわかり、一緒に申込みもしました。
いろいろ準備しながら、少しずつ、自分のできる範囲で活動していきたいと思います。

赤ちゃんやママ達が気軽に来れる場所として、たのしくおしゃべりをして、日頃の???を解消できるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!


追伸・・・助産所として名前を決めなければならなかったのですが、
これがなかなか決められなくて!!!
”With Baby(ウィズベビー)赤ちゃんといっしょ”という名前の由来は、また次の機会に書きますね
1
pagetop